2017~2018年度クラブ運営方針                                                                          会長 岩﨑 健二

 

今や、我がクラブにとり、会員の増強及び維持は緊要な問題との共通認識になっています。その機運が熟しており近い将来、成果が現れるハズですので…

 

プラスになる方面は、皆様にお任せ致します。大いに期待しております。

 

さて今年度は、会員の減少や老齢化によるクラブ運営上、多面的な問題を提起し、提議して行こうと思っています。

 

クラブの後退に伴う細則も変化すべきと考えます。各委員会の統合や委員会活動を皆でシェアする方策等です。率先して会長職も副会長とシェアしていきたい。また、収入不足による財務の持続可能性や運営効果の向上を計りたいと思っています。

 

 20172018年度のRI会長テーマは、ロータリー:“変化をもたらす”ですが、我がクラブはまず、:細則に変化をもたらし、ディフェンスを固めましょう!になります。改善に努めてから、親睦活動を通じ「元気」を取り戻そうではありませんか。土曜会等の親睦イベントには、病気じゃない、また、用事がない時はドンドン参加しましょう、ドンドン・ドンドン。親睦あってのロータリークラブと考えます。

 

 今年度は、米山奨学生の世話クラブになります。地区より米山奨学事業に理解あるクラブと認められており、“親善の架け橋”にもなると思い、引き受けました。

 

 皆様方のサポートなしでは運営出来ません。よろしくお願い申し上げます。