ロータリークラブについて

私たちロータリー運動とは「奉仕の理想」を、この世の中に広く普及することです。

 

奉仕の機会として知り合いをひろめ、お互いが事業と専門職業を通じて社会に奉仕することで、各々の道徳的水準と品位を高める運動です。

 

奉仕の四大部門が、職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕で、それぞれ委員会を組織しています。

それ以外にクラブ内の奉仕をするクラブ奉仕委員会があり、別に米山記念奨学会とロータリー財団委員会があります。

 

その志を同じくする者が、地域社会の事業と専門職務の構成すなわち会員の職業の多様性を保つ一定のルールのもとに集まり一つのクラブを結成します。

 

現在世界には200ケ国以上、35,247のクラブがあり会員総数1,235,100人(2016年3月31日RI公式発表)に達しています。

 

日本にはクラブ数2,269、会員数89,141人(2016年4月末現在)が週1回の例会をもち、交友を通じて地域へのより多くの奉仕の機会を得ようとはかっていま す。

 

ロータリークラブの事業年度は7月1日から翌年6月30日です。